女性の女性による女性のための債務整理弁護士です

債務整理の種類と特徴

債務整理とはなんでしょうか?

債務整理とは法律に沿って借金の見直しや整理することをいいます。
整理することにより借金の金額をっ減らすことも可能です。
債務整理の方法として任意整理、民事再生、自己破産の3種類があります。

債務整理の種類

任意整理の特徴

任意整理は借金の総額や毎月の支払額を借入先と交渉し、減額できます。任意整理の交渉は個人でも可能です。
ただし交渉力によって結果に差がでます。そのため任意整理などの交渉に慣れている弁護士や司法書士に依頼することがベストです。
債務整理弁護士無料相談することによって、借金の内容等によって過払い金が返還されることもあります。任意整理は安定した定期収入があることが条件となってきます。
将来的な利息が免除されますが、信用情報機関にブラックリストとして掲載されます。そのため7年は借り入れができません。

民事再生の特徴

民事再生は地方裁判所に申し立てて借金の再生計画を行うことです。原則として3年で借金を整理するので継続的に安定収入が見込めることが必要です。
民事再生は自己破産をしたくない人や家や車などの財産を手放さないで返済計画をたてられます。
自己破産のように資格制限はありません。住宅ローン以外の借金は大幅に減額されますが信用情報機関にブラックリストとして掲載され7年は借り入れができません。
また、住宅ローンの減額はできません。

自己破産の特徴

自己破産は地方裁判所に破産の申し立てを行い借金を帳消しにする方法です。
自己破産は借金が帳消しになりますが、原則20万円以上の価値がある財産は手放さなければなりません。
信用情報機関にブラックリストとして掲載されますので7年は借り入れができません。また一部の職業に半年程つけなくなります。
自己破産の申立てにより債務者の借金は帳消しになりますが、保証人は債務者に代わり債務を追求されます。

女性債務者は迷わず弁護士に相談

最近は専業主婦やパートタイマーの主婦の方が生活費のために借金を重ねるケースが目につきます。
当初は問題なく返せていても、ある時、滞り、雪だるま式に借金が膨らんでしまうのです。
困ったときには必ず法律のプロに相談するようにしましょう。

新着案件